FC2ブログ

ハンドメイドワームの作り方(ざっくりと)~ワーム作り編~


下のバーナーをクリックお願いします。更新の励みになります。

↓他の釣りブログはこちら↓
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

ツイッター始めました。フォローはこちら
ども。

ばーとんです。

台風が近づいています。

無理な釣行は控えましょう。

前回に引き続き今回はワーム作り編をご紹介します。

需要あるのかな?(;-ω-)a゙

まぁ、気にせずご紹介します。笑

ワームを作る際は必ず外など換気の良いところでやりましょう。

用意するもの
○雪平鍋(あれば直火OKなガラス製コーヒーサーバーの方がいい)
○作った型
○クラッシュワーム又はいらなくなったワーム(細かく切ると溶けやすい)
○ワームマテリアル(なくても良い)
○卓上コンロ
○マドラースプーン(百均にあり)
○料理用ボール(百均にあり)
○筆(百均にあり)
○オイル(くっ付き防止に使用。調理油でもよい)
○爪楊枝
○ハサミ(バリ取りに使用)

自分は雪平鍋でワームを溶かしていますが直火OKのガラス製コーヒーサーバーの方が熱が均等に伝わりやすく温度調節がしやすいので焦がしにくくてよいです。

ですが現在安全性の都合でか耐熱は見かけますが直火OKのガラス製コーヒーサーバーを見かけなくなりました。

見つけてもかなりのお値段だったり…。

直火OKではなく耐熱のを使用すると破損し、火傷等の危険がありますので使用しないで下さい。

またプラスチックの取っ手だと溶けてしまうので使用しないで下さい。

そんな理由から温度調節は難しいですが安く手に入りやすいアルミ製の雪平鍋を使っています。

まず、乾いた型にそのままマテリアル(溶けたワーム)を流し込むとくっ付いて取れなくなります。

それを防ぐために料理用ボールに水を張って型を水に浸けます。

泡が出なくなるまで水に浸けて下さい。



泡が出なくなったら水から出し、水を切って凹部分にオイル(調理油)を筆などで塗ります。

雪平鍋の中に細かく切ったクラッシュワームを入れマドラーで混ぜながらコンロで加熱します。



ここでワームの硬さ調整や焦げにくくする為にワームマテリアルを入れるといいですが持ってない人はなくてもいいです。

クラッシュワームだけだと、もとの硬さより若干柔らかくなります。



溶けてドロドロしてきたらカラーやラメなどお好みで入れてください。





さらに加熱し、マドラーですくい上げ垂らしたときにさらーっと糸状に垂れるくらいになるまでマドラーで混ぜながら加熱します。

煙が沢山出るようなら加熱し過ぎなので火から遠ざけて温度調節します。

糸状にさらーっと垂れるくらいに溶けたら型に空気が残らないよう慎重に流し込みます。

慎重に流し込むのですがゆっくりしすぎると途中で冷えて固まってしまうので慎重かつ素速くやります。



型に流し込めたら30秒程で固まりベロンと剥がします。

剥がれにくい場合は爪楊枝など使うとよいです。



剥がしたらまだ中まで完全に固まってないかもしれないので水に浸します。



浸している間にまた同じようにワームを溶かして2つ目、3つ目…と作ると要領がいいですよ。



こんな感じで量産。

すぐ固まるので水から出しバリなどをハサミ切って完成!



触覚がピロピロ動くように型ではくっ付いてた触覚を






とハサミで切ったりと後で調節したりね。

こんな感じで作っています。

ちなみにこのワームをテスト釣行したところアタリは頻繁にありましたがフッキングまで至りませんでした…(。´Д⊂) ウワァァァン!

改良します!

よくブログ拝見してくれる方は知ってるかもしれませんが



これで


(68cmのマゴチ 知多半島にて)

こんな化け物が釣れちゃったりしますよ。

自分で作ったもので釣れるとより楽しいですね!

みなさんも是非作ってみてください!!


スポンサーサイト




ブログパーツ
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
下のバーナーをクリックお願いします。ブログ更新の励みとなります。


↓他の釣りブログはこちら↓
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

       

ハンドメイドワームの作り方(ざっくりと)~型作り編~


下のバーナーをクリックお願いします。更新の励みになります。

↓他の釣りブログはこちら↓
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

ツイッター始めました。フォローはこちら
ども。

ばーとんです。

去年、ハンドメイドワームでマゴチを釣ってると

『ワームで釣ってるの?何のワーム使ってるの?』

ばーとん『自分で作ったワームです。』

とワームを見せると

『自分で作るの!?どうやって?』

ばーとん『いらないワームやジャンクワームを溶かしてます。』

『型はどうしてるの?どっかに売ってるの?』

ばーとん『型は石膏で作りますよ。』

『ほぇ~。』

みたいな話によくなるので今回、黒鯛用にボンボンのトレーラーを作ってみたのでざっくりと作り方をご紹介します。

用意するもの
○油粘土(百均ので十分)
○石膏(ホームセンターにあります)
○石膏を流す型(百均のタッパーなど)
○プラ用ノコギリ(タッパーの底を切り取るのに便利。百均にあり)
○筆(気泡防止やくっ付き防止に使用。百均にあり)
○粘土ヘラ(あると便利。百均にあり)
○爪楊枝
○料理用ボール(石膏と水を混ぜるときに使用。百均にあり)
○料理用ヘラ(石膏と水を混ぜるときに使用。百均にあり)
○水
○石鹸水

まず、タッパー(百均)の底を切り取ります。



次に型を作るのに油粘土で凸となる物を作ります。

今回はトレーラーなのでクロー型ですが初めてにはシャッド型が簡単なのでオススメですよ。



(何だこのウサギ人間のキャラクターは…。)

油粘土は百均ので十分です。(粘土ヘラも百均)

マテリアル(ワームの原料)が冷めると肉痩せするので凸(粘土)は気持ち大きめで作ります。



こんな感じでパーツ別に作ってから合体!!



合体したのをタッパーの蓋にくっつけてタッパーと蓋をはめて石膏を流し込むのですが、くっ付き防止の為に凸(粘土)とタッパーに石鹸を水で溶かした石鹸水を筆(百均)などで塗るといいですよ。



使う石膏は何でもいいです。

自分はホームセンターに売っていた工作用のを使っています。



これを適量な水で溶きます。



気泡防止にまずこれを筆などで凸(粘土)にある程度塗ります。(凸の形が変わらないように慎重に。)

ある程度塗ってから気泡が入らないようにゆっくり石膏を流し込みます。

この時も気泡防止にヘラなどでタッパー内に入った石膏を振動させながら流し込むといいですよ。(コンクリートを流し込むのと同じ要領ですね。)

流し込んだら1日ぐらい自然乾燥。(水の量によって固まる時間が変わりますが1日乾燥させたら大抵大丈夫。)



固まったらタッパーの蓋を外して粘土を取り除きます。



爪楊枝や細い粘土ヘラなどを使うといいですよ。



仕上げにティッシュペーパーで細かい粘土を拭き取って、タッパーから取り出せば型の完成!

簡単でしょ?

市販のワームを凸として使える?と思った方いるかもしれませんが、市販のワームの大半はインジェクション方式といって二つの型を合わせてそこにマテリアル(ワームの原料)を流し込む方法で一辺が平らでなく3Dに作られているので凸として使うと上手くできません。

インジェクション方式でないワームならできるかも?

そんな感じで次回は『~ワーム作り編~』です。(たぶん…笑)



ブログパーツ
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
下のバーナーをクリックお願いします。ブログ更新の励みとなります。


↓他の釣りブログはこちら↓
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

       
アクセスカウンター
累計訪問者数:

現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
ブログ内人気記事
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ばーとん

Author:ばーとん
知多半島の西海岸(東海市・知多・常滑・南知多)を中心にシーバス・マゴチの他、いろんな釣りをしてます。
クオリティーは低いですがハンドメイドルアー・ワームもたまに作ってます。
twitterばーとん@新・セイゴ担当ですよ。


※当ブログではポイントに関する質問コメント(このポイントはどこですか?等)には回答を控えさせて頂きます。
また、釣行日から記事になるまでに時差がある場合があります。
ご了承下さい。

使用タックル
【ロッド】
○シマノ ディアルーナ900L
○アングラーズパブリック パームス サーフラウド90ML-PE
○ヤマガブランクス バリスティック102/20
○アブガルシア タコスフィールドTKFC-762H
○メジャークラフト トゥレルS762

【リール】
○ダイワ 07ルビアス3000
○シマノ エクスセンスCI4 4000
○シマノ スコーピオンXT 1501-7
○シマノ 17サハラ2000S

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読者登録フォーム
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。


※PINGOO!を介して送信されるので登録したメールアドレスはブログ管理者には知らされません。
提供:PINGOO!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
バーナー

下のバーナーをクリックお願いします。更新の励みになります。

↓他の釣りブログはこちら↓
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村